3206096134 努力を続けられないのも個性だろうか?

努力を続けられないのも個性だろうか?

目安時間 3分

昨日、B級趣味の話を書いてから、
ほんと、いろいろと考えました。
 
それは、なぜ、B級になっちゃうのかな、
という素朴な疑問でした。
 
 
まあ、言い訳になりますが、
結局、とことん追い込めるタイプじゃない
ということに行き着くように思うんです。
 
 
きっと、ボクと同じように、
トップを目指すには何かが欠けていると
 
それは何なのか、
ずっと、わからないまま生きてきた人って
多いと思うんですね。
 
 
この例が正しいかどうかはわかりませんが、
 
二位の気楽さって、トップを維持するしんどさが
あるっていうこと。
 
また、集団の真ん中の大多数の中にいることの
居心地の良さっていうか。
 
 
でも、もし、トップを狙って、
先頭を突き進むっていうのが
向いてる人はそうすればいいんです。
 
 
要は、そうじゃない人の方が
実は絶対的多数だっていうことなんです。
 
 
オリンピックで金メダルって、
世界のトップですよ。
 
あれは、狙って取れるものじゃないけど、
狙う前に、そういう生き方が向いてる人かどうか。
 
 
お前は努力しないからわからないんだ、って
逆に怒られるかもしれないけど、
 
世の中の大半の人は、
そういう生き方は向いていないんだと思う。
 
 
でも、だからと言って、
何もできない、堕落の生き方も嫌なんで、
 
そこで登場したのが、
B級趣味、というわけなんです。
 
 
嫌にならない程度で
続けることで見えること、
 
あるんじゃないかって思って
今まで生きてきた結果です。
 
 
やればできる、って言葉
みなさん、どう理解していますか。
 
ボクは、やればできることも
続けなきゃできないよ、
 
てなふうに理解しています。
 
さらに、続けることができなきゃ、
やってもできないから、やめよう
 
なんてね。
 
 
ちょっとB級趣味の
具体的な話はなかったんですが、
 
その本質に迫る内容だったと
思います。
 
 
次回も、なぜ、B級趣味なのか、
さらに、そこから
 
ネットビジネスに取り組む時の
心理的な問題も考えようかな、
と思ってます。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

松久哲也

松久哲也

サイト訪問いただき、ありがとうございます。

1955年生まれ、社会的にはもうすでにリタイア、と見られている年齢ですが、現役バリバリで頑張ってます!
 
たくさん失敗もしてきましたが、パソコン転売で、息を吹き返して、今また、やる気に満ちた生活を謳歌しています。

カテゴリー
アーカイブ
メタ情報
ブログランキング